クィーンズデイ 

4月30日はオランダでは「女王誕生日」と言われていますが、今のベアトリクス女王のお誕生日ではありません。前女王、ユリアナ女王のお誕生日です。今年92歳になられたユリアナ前女王が引退された後も気候の良いこの季節を、国の祝日として残しておきたかったのは昭和天皇のお誕生日が今も国民の休日としている日本と同じなのでしょう。
この日は国中どこで何を売っても良いということになっているというのでいったいなにがおきるのか楽しみでわくわくしていました。1週間ほど前から街のあちこちにポスターが貼ってあります。
どうやらいつものショッピングセンターが、「ビックマーケット」に早変わりするようです。ゆっくり朝ごはん食べて見物に行きました。
ショッピングセンターの通りは出店でいっぱいです。
オレンジとブルーの小さなテントとテーブルが各出店にあてがわれています。

いったいどこから持ってきたのだろうと思われるガラクタの山があちらにも、こちらにもあります。数十年前のラジオ、テレビ、パソコンなど絶対に売れないようなものから、台車に山のように積んだ衣類・・・どれでも1ギルダー(50円位)そのテントの切れ目には、子供達が敷物を敷いておもちゃを売っています。楽器を演奏してお金をもらう子もいます。上の写真の子は『ボーイスカウトのキャンプの費用集めにご協力を』と書いてありました。午後一時になり商店街もシャッターを開け始め、この日のために特別に用意したお菓子、ホットドックなどを並べ始めました。恐ろしいピンク色のアイシングがぬってある「トンポーセ」も今日ばかりはオレンジ色に染まって並んでいます。お祭り気分で「トンポーセ」を買い、家に戻ってコーヒータイムの話題は、来年いかに参加しようという話題で盛り上がったのは言うまでもありません。

4/2001

©2001 Miharu Shinohara